36歳既婚男性経営コンサルの人妻との出会い

妻に付き合っていると、人妻との出会いが自然と多くなる。
今日も、妻が家族パーティに呼ばれているというのでついていくと、多くの人妻と遭遇した。
中でも気になる人が一人。
中平さん(仮名)だ。
彼女は特別美人ではないのだが、おしゃれで人妻らしいエロさを持っている。
この日初めての出会いのはずなのになぜか目が離せない存在になった。
彼女は妻とも顔見知りのようで、妻が僕を紹介してくれた。
そのときも僕は彼女から目が離せなかった。
「初めまして。
夕子の夫です。
経営コンサルをしてます」 彼女は「ああ」と言って目を輝かせた。
「私、今度新しくお教室を始める予定なんです。
でも、どうやったらお客さん来るかわからなくて、良かったら旦那さん教えてもらえますか?」 渡りに船とはまさにこのことだろうか。
これならある意味仕事になるだろうし、自然と彼女にも会える。
そして仲良くなるチャンスだってある。
「奥さん、喜んで。
また後日詳しくお話聞かせてもらえますか?これ、僕の連絡先です」 妻の目の前で堂々と連絡先交換できるなんて、なんだか不思議だ。
仕事というカモフラージュがあればいくらなんでも怪しまれやしないだろう。
実際、僕らは仕事の打合せということで後日会う約束をし、その日はそのまま一緒にホテルへと行った。
中平さんは旦那さんがいるが、単身赴任のため、ひとりぼっちで寂しかったのだそうだ。
それで、僕に興味を持ったのだと言った。
「僕で良かったらいつでも。
でも当然ですが、妻には内緒ですよ」

危険な二人の関係